HDMIケーブルとは

最近耳にする機会が増えてきているhdmiケーブルなのですが、具体的にどのような物なのかご存知だという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?また、hdmiケーブルのhdmiがどのような意味を持っているのかご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

hdmiケーブルのhdmiというのは、High-Definition Multimedia Interfaceの略語になります。hdmiケーブルを利用することによって、映像信号と音声信号、それからテレビなどの操作信号などを伝送することができるようになります。

従来は、それぞれを伝送するためにバラバラのケーブルが必要でした。映像を伝送するためには映像用のケーブルが、音声を伝送するために音声用のケーブルといった具合だったのですが、現在はhdmiケーブルが1本あれば全てを送ることができるのです。

例えば、テレビとDVDプレーヤーを繋ぐためにhdmiケーブル1本だけ使用すればいいですので、機械が苦手だという方や繋げるのが面倒だという方であっても、簡単に接続することができます。それだけではなく、デジタルデータを圧縮せずに送るため、データが劣化せずにクオリティーの高い映像や音声を楽しむことができます。

hdmi端子を搭載した機器の増加に伴って、最近はますますhdmiケーブルが普及するようになってきています。一度使用してみるとその違いがわかると思いますので、興味のある方は是非お試しくださいませ。hdmi搭載の機器をお持ちの場合は、hdmiケーブルを使用することで最高の画質を楽しむことができるはずです。

HDMIケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル
HDMIケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル

hdmiケーブルの形について

一言でhdmiケーブルと言っても、様々なものが存在します。用途に合わせて、hdmiケーブルを使い分ける必要があるのです。間違って購入してしまったということのないように、まずはお使いの機器を何とつなぐのかを確認し、必要なものを購入するようにしましょう。それでは、hdmiケーブルにはどのようなものがあるのでしょうか?

最も一般的なものが、ケーブルの両端が共にhdmi端子になっているケーブルになります。テレビとDVDを繋いだり、レコーダーなどを接続したりする際に使用します。パソコンをテレビと接続したい場合は両端がhdmi端子の物でも構いませんが、dvi端子を使用することもあります。テレビの他に、プロジェクターなどの接続にも使用します。

また、ビデオカメラなどとテレビを繋ぎたい場合は、片方がhdmi端子になっている物、もう片方がミニhdmi端子やマイクロhdmi端子になっているものを選びましょう。お使いの機器をしっかりと確認して、何と何を繋げるのかを明確にしてから必要なものを入手してください。

こういったケーブルの両端が異なるものを、変換ケーブルと呼んでいます。長さも様々ですので、必要な長さの物を選んでください。価格は長いほど高くなっていきますし、長すぎると邪魔になることもあります。長ければ良いというものでもありませんので、使用目的に合ったもの買いましょう。

HDMIケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル

hdmiケーブルを比較する

高画質を気軽に楽しむことができるアイテムとして、hdmiケーブルが挙げられます。もちろん画像はテレビに映し出されますので、テレビは高画質対応の物でなければなりません。また、同じようにテレビと接続されるDVDプレーヤーなども対応機器でなければ意味がありません。

高画質を楽しむためには、テレビやレコーダーなどを慎重に選んで購入するという方がほとんどです。しかし、一方でそれらを接続するためのhdmiケーブルを慎重に選ぶという方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?

hdmiケーブルは、基本的には画質や音質などを劣化させることなく伝達できるアイテムだと言われています。そのため、何を使っても画質や音質が変わることがないはずです。しかし、品質の悪いhdmiケーブルを使用すると違いが現れることがありますし、中には映像が突然映らなくなってしまうようなケースも存在します。

hdmiケーブルにも様々なものがあるのですが、どうせ購入するのでしたら3D映像に対応しているものを買うべきではないかと思います。もちろん、現段階で3D対応のテレビを持っているというご家庭の方が少ないのではないでしょうか?

しかし今はもっていなくても、次テレビを買い替える時には最新のものを購入するのではないかと思います。最新のものには3Dが搭載されている可能性が高いですので、その時のために3D映像に対応したモデルを買っておくとよいでしょう。そうすることで、将来的な買い替えを防ぐことができます。

HDMIケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル

hdmiケーブルの機能について

従来のアナログケーブルと比べると、hdmiケーブルには様々な機能があります。また、hdmiの規格ができて、発売後も新たな機能が追加されるなどしています。そのため、発売時期などによってhdmiの表記が若干異なります。hdmiケーブルを購入する際にはその長さも大切ですが、ここではhdmiの代表的な機能について紹介させていただこうと思います。

まずは、3D対応のhdmiになります。3D対応のhdmiケーブルは、3Dに対応したコンテンツの伝送が可能です。しかし、3Dの方式にも様々なものがありますので、注意するようにしましょう。また、全く同じ3D対応のhdmiであっても、短いものから10mや20m、30mというものまでありますので使用目的を考えて長さを選びましょう。

それから、hdmiケーブルの中にはLANケーブルの機能を持った物も存在します。イーサネット対応の物がそれに当たるのですが、最近はインターネットに接続する機器が増えてきていますので、映像や音声の他にもLANケーブルをつなぐことが多くなってきています。一昔前はそれぞれにLANケーブルを繋いでいたのですが、イーサネット対応のhdmiケーブルを使用することでネットワーク接続ができるようになるのです。

また、当然ですがこれらを併せ持つhdmiケーブルも存在します。3D対応の物は「3D」と、イーサネット対応の物は「Ethernet」と記載されていますので、目的に合ったhdmiケーブルを選ぶようにしましょう。機能を理解して使い分けることで、hdmiがさらに便利なものになるでしょう。

HDMIケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル HDMIケーブル

hdmiケーブルの長さについて

hdmiケーブルを選ぶ際には、その機能や規格等を選ぶことになると思います。しかし、それら以外にも気を付けなければならないことがあります。それは、hdmiケーブルの長さになります。

hdmiケーブルの長さは、いざ購入する際に意外と忘れがちです。家電量販店などで購入する方もいらっしゃると思いますが、お店で機能や規格を比較して、最後の長さを決める段階で長さがわからなくて結局購入できずに帰るという方も多いようです。通販で購入すれば、いつでもどこでも長さを測ることができますので便利だと言えるでしょう。

ご家庭で使用する際には、1m~5m位の物で十分だと思います。しかし、業務用で使用される際には、10mや20m、30mなどの比較的長めのケーブルの中から選ぶ方も少なくありません。この時のケーブルの長さですが、使用目的に合わせたちょうど良い長さの物を購入することをお勧めします。

ケーブルは長い方が良いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに長ければ様々なところで使用できるかもしれません。しかし、10mのケーブルで十分な場所で20mのケーブルを購入してしまうと、10m分は明らかに邪魔になります。見た目も悪いですので、やはり適度な長さのhdmiケーブルを購入しましょう。

送料無料で激安のhdmiケーブル

hdmiケーブルに限ったことではないですが、通販で何かを購入する際には送料がかかってきます。商品がいくら激安だったとしても、送料が高ければあまり意味がありません。送料がかかるのなら自分で家電量販店に行ってhdmiケーブルを購入した方が良いと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

弊社では、3,000円以上お買い上げの方には送料無料で商品をお届けさせていただいております。商品自体も激安で提供させていただいておりますので、短いケーブルを1本購入するだけでは3,000円に達しないかもしれません。しかし、hdmiケーブルをいくつか購入するという方や10m、20mなどの長いケーブルを購入するという方などにはお勧めです。

販売しているhdmiケーブル自体も安いのですが、送料無料にすることによってさらにお得にhdmiケーブルなどを手に入れることができます。自宅でご自身の目的に合ったものをゆっくりと選んでいただけますし送料もかかりませんので、お好みの物をお選びくださいませ。ただし、沖縄や離島に関しましては送料がかかってきてしまいますので、予めご了承ください。

インターネットでの注文になりますので、24時間受け付けております。また、インターネットが不安だという方は、FAXでお申し付けくださいませ。在庫がある商品に関しましては、1日~3日以内に発送させていただきます。また、在庫がなかったりして発送に時間がかかる場合も、事前にご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。

hdmiケーブルでフルハイビジョンを楽しむ

最近は、フルハイビジョンで高画質な映像を楽しむ方も増えてきています。フルハイビジョン対応のテレビやフルHD動画、もしくは単純にハイビジョンなどと言われることもありますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?

HDというのはHigh Definitionの略になり、定義があるとすれば垂直方向の走査線が650本以上あるものとされています。ハイビジョン対応のテレビなどは、1366×768や1280×720のパネルを採用していることが多いです。しかし、フルハイビジョンになると1920×1080のものをそのまま再生することができます。


hdmiケーブルの中には、この1080pのフルハイビジョンに対応しているものも存在します。フルハイビジョンに対応していれば、HDDVDフォーマットの映像コンテンツやブルーレイなどの美しい画像を、そのまま鮮明に楽しむことができます。

綺麗な映像をきれいなままで楽しむためには、デジタルフルハイビジョン対応のhdmiケーブルを購入するようにしましょう。弊社では短い物から10m以上の長いケーブルまで取り揃えておりますので、ちょうど良い長さの物をお選びいただければと思います。

hdmiケーブルの延長

ご自宅でhdmiケーブルを使用する際には、長くても5mあれば十分だと思われる方が多いと思います。機器の置き場所にもよるかもしれませんが、通常は1mや2mの物でも問題ないことがほとんどでしょう。もちろん短いケーブルもたくさんありますので、必要に応じた長さのhdmiケーブルを購入して利用するようにするとよいでしょう。

短いケースは全く問題ないのかもしれませんが、問題なのは長いhdmiケーブルの使用時になります。高画質な映像をそのまま伝えることができるのがhdmiケーブルの魅力になるのですが、一般的にhdmiの伝送は5mほどまでしかできないとされています。一般家庭では5mあれば十分な長さだと言えるかもしれませんが、業務用などで使用される場合は5mでは短すぎると思われる方もいらっしゃるでしょう。

そんな時には、hdmiの延長器を利用するとよいでしょう。hdmiのロングケーブルを使用する際には30m程度まで対応することができますので、遠くの機器を繋いでも高画質の映像をそのまま伝送することが可能なのです。

10m以上のhdmiケーブル

hdmiケーブルを通常のご家庭で使用される場合には、1mや2mの物で十分だとお考えの方も多いと思います。実際に、DVDとテレビを繋いだりする場合には、1mも必要ないことの方が多いのではないでしょうか?しかし自宅であっても、ホームシアターのプロジェクターなどと接続する際には、10mを超えるようなロングケーブルを使用することがあります。

長いケーブルを使用する際には、長いと言うだけでその画像などに影響が出てくることがあります。通常の短いhdmiケーブルを使用する際には短いため不具合などが出にくいのですが、長いものを使用すると映像が映らなくなってしまったり、映像の出力設定を1080pにした際に映らなくなってしまったりすることがあるのです。

720pに比べると1080pはデータ量が大きくなっています。品質の悪いhdmiケーブルを使用すると、大きなデータを送る力がないため映像が映らなくなってしまうのです。つまり、短いhdmiケーブルを購入する際にはある程度安くても映像が映らなくなるということはないかもしれませんが、長いものを購入する際には品質の良いものを選ぶ必要があるということです。

弊社では、10mを超えるhdmiケーブルも取り扱っております。その他にも20mや30mなどの延長セットなども取り揃えております。距離が長くなればなるほどしっかりとしたケーブルが必要になってきますので、ご自身の使われる距離にあった長さのケーブルを見つけ、延長器などと合わせてご利用いただくとより確実性が増します。

hdmiとdviについて

hdmiケーブルを見ていると、同時にdviという言葉をよく目にするようになるかと思います。dviもhdmiと同じように普段あまり聞くことのない言葉だと思いますが、場合によっては知識として知っておいた方が良いこともあります。また、変換しなければならない場面が出てくるかもしれませんので、まずはdviが何なのかを知っておきましょう。

dviとはDigital Visual Interfaceの略語になります。デジタル信号の送信にはシングルリンクとデュアルリンクというものがあるのですが、hdmi自体がdviの規格を元にしていますので、変換する場合は、普通は映像などの劣化なしで変換することが可能です。

弊社では、ケーブルの両端がhdmi端子とdvi端子からできている変換ケーブルを取り扱っております。1.5m~5mまでの変換ケーブルがありますので、必要な長さのケーブルをお求め頂ければと思います。また、長さが必要ないという場合は変換アダプタもありますのでお求めくださいませ。

hdmiとdviの変換アダプタや変換ケーブルがあることによって、例えばブルーレイのhdmiをdvi端子しか持たないようなモニターへ接続することができるようになります。ストレスなく変換することができますので、接続後も高画質を楽しむことができるでしょう。弊社では通販でお求めいただくことができますので、変換が必要になった場合はお問い合わせいただければと思います。

業務用のhdmiケーブル

家庭で使用するhdmiケーブルを購入する際には、比較的短いものを選ぶ方が多いようです。一般家庭で10mや20mの長さのケーブルは必要ないという場合が多いですし、家によっては長いものを購入すると邪魔になってしまう恐れがあるからです。そのため、通常は繋げる2つの機器を近くにセットして、1mや2mなどのケーブルで収まるようにすることが多いです。

ご家庭の場合はそういった設置方法で良いのかもしれません。しかし、業務用でhdmiケーブルを設置するとなると全く話が変わってきます。大がかりな機材を使用する機会も多いですし、機器同士が離れているということも少なくありません。とても家庭用の1mや5mなどのhdmiケーブルでは対応しきれないということが多いのではないでしょうか?

そういった場合には、業務用の長いhdmiケーブルを使用することになります。もちろん1mや5mのhdmiケーブルと比較すると長いケーブルの方が割高になりますが、機器を遠くに設置したとしても高画質な映像をしっかりと伝送することができます。

通常は、hdmiケーブルは5mほどまでしか伝送することができないと言われています。それでは、ロングケーブルを使用する際にはどのようにデータを送るのでしょうか?それは、イコライザー付ロングケーブルで可能になります。

イコライザ付のhdmiケーブル

1mや2mなどのhdmiケーブルを使用する場合には、ケーブルの両端をそれぞれの端末につなげることで使用することができます。しかし、10mや30mなどの5mを超すロングケーブルを使用する場合には、通常はケーブルだけでは使用することができません。

5mを超すと映像が映らなかったりエラーが現れたりすることがあります。しかし、業務用などで使用する場合や家庭でもホームシアターなどを設置する場合には、どうしても5mでは収まらない場合もあるのではないかと思います。そういった場合には、どのようにして接続すればよいのでしょうか?

解決策の1つ目としては、hdmiケーブルを延長させるために延長器を使用するというものが挙げられます。2つのhdmiケーブルの間に延長器を入れることによって、遠く離れていたとしても映像を高画質で楽しむことができます。しかし、その延長器が大きくて邪魔だという方もいらっしゃいますし、延長器を別で購入するのが嫌だという方も多いようです。

そういった場合には、イコライザ付きのhdmiケーブルを使用して見てはいかがでしょうか?イコライザがついていれば、長距離の接続でも高画質なデジタル映像を楽しむことができるはずです。

弊社では、様々な長さのイコライザ付きのhdmiケーブルを取り揃えております。10mから15m、20m、30mのものまでご用意させていただいておりますので、必要な長さのイコライザ付きhdmiケーブルをご利用いただければと思います。

hdmi分配器とは

いくつもの機器で映像を楽しみたい時には、hdmi分配器が必要になってきます。hdmi分配器があれば、同じ映像を複数の機器で楽しむことができます。業務用では求められることが多いと思いますし、ご家庭でも使用される方が増えてきています。

自宅でいくつもの映像を同時に見ることはないと思われる方も多いかもしれません。確かにそうだと思います。しかし、例えば普段はテレビでDVDの高画質を楽しむためにhdmiケーブルを使用しているという方がいらっしゃると思います。しかし、大人数で見る時などにはプロジェクターに接続して大画面で見ることになるでしょう。

つまり、プロジェクターで映像を楽しむ際にはテレビに接続しているhdmiケーブルを抜いてプロジェクターに移し替えることになります。そして、それが終わったら今度はプロジェクターからケーブルを抜いて再びテレビに差し込むことになるのです。

このように、hdmiケーブルが1つしかないとどちらか片方でしか使用できません。移し替える機会が多い方ほど面倒だと思うでしょうし、hdmi端子を何度も抜き差しすることによってその故障につながりやすくなります。

これを防ぐために、hdmi分配器が必要になります。この例で説明すると、DVDプレーヤーと分配器をhdmiケーブルでつなぎ、そこから2本のケーブルを同時にテレビとプロジェクターにつなぎます。抜き差しが必要ありませんので、見たい時に見たい機器で見たい映像を楽しむことができるのです。

1080p対応のhdmiケーブル

hdmiケーブルには、様々な種類のものがあります。もちろん長さも様々なのですが、その性能や機能などによって使い勝手が大きく異なります。性能のよいケーブルの方が高い傾向にあるのは当たり前ですが、安くて品質の悪いものを購入して使えないというよりは良いのではないかと思います。hdmiケーブルの購入を考える際には、値段だけでなくその性能を比較するようにしましょう。

それでは、具体的にhdmiケーブルの性能の違いはどこに現れるのでしょうか?大きな違いは、伝送できるデータ量になります。距離が遠くなればなるほど伝送できるデータも制限されていきますが、同じ距離であってもケーブルによっては伝送できるものとできないものがあるのです。

結論から言うと、hdmiケーブルを購入する際にはハイスピード対応の物を選ぶようにするとよいでしょう。1080pのフルハイビジョンにも対応していますので、高画質の映像をそのまま楽しむことができるはずです。逆に、ハイスピードに対応していなければ高画質の映像をそのまま伝送することができず、画質を落としてみることになったり映像自体が映らなくなってしまったりするのです。

もちろん、ハイスピード対応のhdmiケーブルにも様々な長さがあります。50センチのご家庭用のケーブルから、業務用としても使用することができる20mや30mのケーブルなど様々です。

映像ケーブルの通販購入

hdmiケーブルなどの映像ケーブルは、家電量販店などで購入することができます。しかし、一言で映像ケーブルと言っても様々なものが存在しますので、いざ家電量販店で見て選ぶ際には何を購入すればよいのかわからなくなることがあると思います。間違ったものを買っても使えませんし、確実なものを購入するためにはいったん自宅に戻って再度、家電量販店を訪れることになります。

もちろん、自分の目で見て確かめてから購入するのが良いと思っている方も多いかもしれません。しかし、映像ケーブルはテレビやDVDプレーヤーなどとは違って毎日見るようなものではありません。デザインなどを気にする方もいらっしゃるかもしれませんが、デザインよりは性能などを確かめるようにしましょう。

性能を確かめるだけでしたら、わざわざ家電量販店に行かなくてもインターネットで確かめることができます。そして、そのままネットの通信販売で購入することも可能なのです。自宅にいる場合は、実際に使用する機器を調べて該当する商品をその場で確かめられるというのもメリットだと思います。

通信販売の場合は、気になるのがその送料になるのではないでしょうか?確かに求める商品の他に送料を支払うのはバカバカしいと思われるかもしれません。しかし、弊社では10,800円以上ご購入の場合は送料無料でお送りさせていただいております。また、商品自体も安くお求めいただけますので、家電量販店などと比べると様々なメリットがあると言えるでしょう。

業務用の映像ケーブルについて

映像ケーブルを家庭で利用する機会も増えてきていますが、家庭用のケーブルはどちらかというと短いものが多いのではないでしょうか?例えばDVDプレーヤーとテレビを繋ぐ際にはhdmiケーブルが必要になるのですが、普通DVDプレーヤーはテレビの下に設置します。そうなると50センチのケーブルや、長くても2m位のケーブルがあれば十分だと思います。

しかし、ホームシアターなどを設置する際には、プロジェクターを遠くに置くこともあるのではないでしょうか?5mのケーブルでも届かないケースがあると思いますので、そういった場合は長距離用のhdmiケーブルを使用することになります。長さは10mのものもありますし、20mや30mのものまで様々です。長ければ良いというものでもありませんので、必要な長さに合ったケーブルを選びましょう。

また、業務用として長いケーブルを使用することも多いのではないでしょうか?業務用として使用する場合には、家庭でよく使う1mや2mのケーブルでは足りません。こちらも、やはりロングケーブルを使うことになると思います。

長距離で映像ケーブルを使用する際には、延長用のロングケーブルと延長器を利用することになります。中には、延長器を間に挟むのが面倒だという方もいらっしゃるのではないかと思います。そういった場合には、イコライザ付きのケーブルを選ぶようにしましょう。延長器なしで長距離のデータ伝送に使えますので、業務用としても便利なアイテムだと思います。

映像ケーブルでホームシアターを作る

ホームシアターと聞くと、非常にお金がかかる物だと考えらえる方も多いのではないでしょうか?確かに全てをそろえるとそれなりの費用になりますが、昔ほど高いというものではありません。具体的には、ホームシアターを設置するにはどのようなものが必要になるのでしょうか?

まずは、映像を映し出すスクリーンになります。しかし、白い壁があればスクリーン代わりになりますのでここは省くこともできます。それから、映像を送るプロジェクターとDVDプレーヤーも必要です。そして、忘れてはならないのがスピーカーに信号を送る役割を果たすアンプです。最後に、お好みでたくさんつけることのできるスピーカーが必要になります。

これだけあれば、自宅で気軽にホームシアターを作ることができるのです。しかし、これらはそれぞれが独立しているわけではありません。全てを繋げることによって、初めて映像がスクリーンに映し出されるのです。

DVDプレーヤーとアンプを繋いで、アンプから各スピーカーを繋げることになります。それとは別に、DVDプレーヤーとプロジェクターを映像ケーブルでつなげます。hdmiケーブルが一般的だと思いますが、ケーブルの種類によって映像の質が大きく異なりますのでこちらにもこだわるようにするとよいでしょう。

業務用で使用されていたようなケーブルであっても、このように現在ではご自宅で普通に使われるようになってきています。もちろん映像ケーブルだけでなく、それぞれの機器にこだわりを持って自分だけのホームシアターを作っていきましょう。

ページトップへ